• 東京慈恵会医科大学 主催 

    第1回 ICT/AI医療・医療機器・医療制度セミナー

    ~ 医療機器規制と価格決定プロセスのハードルを正しく理解する ~

  • セミナーの趣旨

     

    第4次産業革命(IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)、ロボット、シェアリングエコノミー等)のイノベーションをあらゆる産業や社会生活に取り入れ、様々な社会課題を解決する「Society 5.0」の実現を目指している日本。イノベーションを「健康寿命の延伸」や「社会コストの抑制」に活用するためには、各関係者が相互理解のうえでお互いを尊重し各プレイヤーが羽ばたく必要がある。本セミナーは大学というプラットフォームを活用し、医療のイノベーションにつながる産官学連携で社会に貢献する。

  • 第1回の開催概要

     

    今回の勉強会のコンセプト:医療機器・アプリ開発マネージャーが1番初めに聞くセミナー

    • 上市までに必要なハードルを開発側実務者に正しくつたえる
    • 演者と参加者のコミュニケーションを深め、フィードバックするべき課題(開発側が必要としている情報)を明らかにする
    • ハードルを突破するための支援、ネットワークを紹介する

    定員:80名 → 盛況につき150名に変更致しました

     

    申し込み先:盛況につき定員に達しました。沢山のお申し込みありがとうございます。

          キャンセル待ちについては最下部の「お問い合わせ」からお願いいたします。

     

    日時・場所:2018年4月18日18:00~(開場17:30)

    ※18:30以降はセミナー会場への入場は出来ませんのでご注意ください。またビルのセキュリティ上19時以降は地下1階及び1階のエントランスにロックがかかりますので入館が出来ません。

    日本橋ライフサイエンスハブ A+B+C会議室
    (東京都中央区日本橋室町1-5-5 室町ちばぎん三井ビルディング8階)

     

    主催:東京慈恵会医科大学 先端医療情報技術研究講座

    後援:総務省、経済産業省

  • プログラム

    【開催趣旨説明】 

    東京慈恵会医科大学 先端医療情報技術研究講座 准教授 高尾洋之

    【ご挨拶】

    経済産業省 商務情報政策局 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課長 西川和見

     

    総務省 情報流通行政局 情報流通振興課 情報流通高度化推進室長 渋谷闘志彦

    【18:15 プログラム1】

    医薬品医療機器総合機構 医療機器審査第一部 冨岡穣・加藤健太郎「医療機器規制の概要と科学委員会直近の議論(仮)」

    【18:35 プログラム2】

    東京慈恵会医科大学 先端医療情報技術研究講座 竹下康平「医療機器の価格決定プロセスと必要な準備」

    【18:55 プログラム3】

    Beyond Next Ventures 株式会社 伊藤 毅「医療テクノロジーの事業化ノウハウ」

    【19:15 プログラム4】

    株式会社アルム 坂野 哲平「医療ICTを日本の輸出産業に」

    【19:25 閉会の辞 】

    学校法人慈恵大学 専務理事 谷口 郁夫

    (終了後、軽食等を準備して希望者による懇親会を予定)

  • 参加費

     

    セミナー参加費:3,000円(公務員、独立行政法人の職員は無料)

    懇親会費:1,000円

    ※なるべく釣り銭の無いようご協力をお願い致します

  • アクセス

    〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-5-5 室町ちばぎん三井ビルディング8階(COREDO室町3)

  • お問い合わせ